ポータブルHDD「かくうす」がぶっ壊れたからHDD換装してみた

f:id:miyamuun:20150916060624j:plain

ポータブルHDDは大容量かつ小型で、私は旅行中に大量の写真データを管理するのに重宝しています。

私はポータブルHDDの中でも有名な「かくうす」を使っていました。IO DATA社製です。

ですが、2年ちょうど経った先日、接続するとカリカリ言うだけで、PCからは認識されなくなってしまいました。HDDがお逝きになられたようです。

 

 

新品を買い直すか、中身のHDDを買って換装するか

このポータブルHDDの1TBはamazonで8000円くらいで買いました。今もほとんど値段が変わっていません。

中身のHDDは2.5インチのSATAタイプで、一般的なノートPCにも使われているものです。汎用性が高いので、1TBでも安いもので5000円台から売られています。

 

この値段の差をどう捉えるかは悩ましいところですが、今回はより安いHDDの換装を選択しました。

 

いざ分解!中身のHDDはサムスン製だった

ということで、マイナスドライバーを使って爪を外し、分解していきます。

 

f:id:miyamuun:20150916061233j:plain

爪の位置は14箇所です。力を入れすぎて、1つ破損してしまいました。注意が必要です。

 

f:id:miyamuun:20150916061208j:plain

中身は、SATAをUSB3.0に変換する基板とサムスン製(Seagate)の2.5インチHDDです。

バッファ8MBで、回転数5400rpmのモデルです。いたって普通のスペックですね。

 

【Seagate】 2.5inch HDD ST1000LM024 1TB 5400rpm S-ATA2 9.5mm

【Seagate】 2.5inch HDD ST1000LM024 1TB 5400rpm S-ATA2 9.5mm

 

 

新しいHDDは東芝製の安いやつにして、フォーマット!

いよいよ換装です。HDDはメーカーによって結構ばらつきがありますが、ポータブルHDDということで、東芝製の安いHDDを買いました。

 

 

こちらもバッファ8MB、回転数5400rpmです。もともとのHDDと同じスペックです。

 

f:id:miyamuun:20150916060939j:plain

SATA-USBの基板を取り付けて、PCに接続し、フォーマットします。

 

Macに初めて接続するとこんなダイアログが表示されます。

f:id:miyamuun:20150916055044p:image

「初期化」をクリックすると、ディスクユーティリティが開きます。

ポータブルHDDなので、今回はMacOSとWindowsの両方で使用できる「exFAT」形式でフォーマットします。FATとは違い、4GB以上のファイルも扱うことができます。ただし、古いMacOSでは認識されないようです。

 

f:id:miyamuun:20150916055343p:image

 ディスクを確認して「消去」をクリックすると、数秒でフォーマットが完了します。

 

あとはケースに戻して完了です。

 

まとめ

と、まあ、HDDは壊れやすいので、このように直す方法もひとつだと思います。

ただし、相性が合わなくて使えない場合もあるので、心配な方は新品を買い直すのが一番かと思います。

 

 

あわせて読みたい