読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学留学を本気でやるために心がけたい3つのこと

f:id:miyamuun:20150423023046j:plain

私は以前、私費で半年留学していました。イギリスの田舎町で、のんびりしていてとても綺麗な街でした。

私の場合は半年という長いようで短い期間だったので、私費ということもあり、やるなら本気で取り組もうという気持ちで取り組みました。
これから留学する人(特に短期の人)には、より有効的な英語学習に取り組んでもらいたいので、私が徹底していた3つのことを紹介しようと思います。
 

 

1.日本語は完全に断絶する

f:id:miyamuun:20150423024651j:plain

 
せっかく日本語がない環境にいるので、頭も完全に英語に切り替えましょう。
 
言うまでもありませんが、同じ学校の日本人とは英語で会話するように心がけてください。
また、SkypeやFacetimeなどで日本にいる家族や恋人と頻繁に連絡を取るのは、語学力アップという点ではマイナスです。多くても週1くらいで我慢してみてください。
さらに、日本の音楽や映画は鑑賞しないようにする。これを機に、洋楽や洋画だけで生活するのもいいと思います。
ネットでも日本語サイトは極力見ないようにし、ニュースはイギリスならBBCなどを活用できるようになると良いでしょう。
 

2.通学中はラジオを聞こう

f:id:miyamuun:20150423023950j:plain

 

通学中は徒歩だろうとバスだろうと、ラジオを聴くことをオススメします。意外と知られていないのですが、これは本当に有効的だと言えます。

イギリスの場合、BBC Radio Twoというものがあり、これがまたイギリスのロックンロールがいっぱい流れてきて、若いパーソナリティが楽しく会話しています。これ以上楽しい教材はないと思います。

どんなリスニング教材でもそうですが、内容をすべてを理解しようとせず、すこしずつ聞き取ろうとするだけで十分だと思います。

私が持っているiPod nanoにはFMラジオが搭載されていたので、気軽に聴くのにはオススメです。

 

3.一人芝居をしてみよう

f:id:miyamuun:20150423023026j:plain

 

やはり話せるようになるためには、実際に話す必要があります。

しかし、そこに相手が必ず必要とは限りません。そうです。一人芝居をすれば会話の練習になるのです。

誰かクラスメートを思い浮かべて会話してみましょう。がんばって自分のセリフと相手のセリフをアウトプットしてみましょう。これがスピーキングへの近道だと言えます。

なんなら日本でも出来てしまいます。

ただし、人前でやると危ない人になってしまうので、注意が必要です。

 

まとめ

「留学したのに英語力伸びなかった」という人は結構多いと思います。

本気で英語力を伸ばしたいなら、日本語は緊急時以外必要ないでしょう。

ここに挙げた3つのことを徹底すれば、考え事や独り言も自然と英語を使っていることに気づくと思います。

1年以上行くならまだしも、1ヶ月や3ヶ月なら本気で取り組まないと時間とお金の無駄になってしまいますよ。

 

 

あわせて読みたい 

mmn.hatenadiary.com