これ知ってた?大学生ならMicrosoft Officeがタダで使えるかも

f:id:miyamuun:20150411134334j:plain

桜も咲き、大学ではサークルの新歓シーズンではないでしょうか。また、新生活が始まり、様々なものを買い揃える時期かもしれません。

特にパソコンは授業でのレポート作成やプレゼンテーションをする上で必需品となります。となれば、当然Microsoft Officeが必要となってきます。

Officeがプレインストールされているパソコンはそれなりに高く、単体で買うにしてもパワポも入っているパッケージは3万円以上します。

 

しかし、大学によってはMicrosoftとライセンス契約を結んでいるため、Officeを無料で個人PCにもインストールすることができるのです。

 

 

MacもOK!在学期間中は個人PCでも使える

f:id:miyamuun:20150411140257j:plain

正式には「教育機関向け総合契約(EES)」というマイクロソフト社との包括ライセンスによるもので、教育目的とのことですが、実際は不正コピーの撲滅も関係あるようです。

 

www.microsoft.com

 

対象ソフトは「Office 365」で、パワーポイントも含まれています。大学によってはWindows 8.1へのアップグレードもできるようです。

大学所有のPCには無制限でインストールできますが、個人的なPC(Macも含む)にもインストールすることができます。個人PCの場合は台数制限があります。

また、試用期間にも制限があり、在学期間中のみ使用可能ということです。

 

 

締結している大学は結構ある 

f:id:miyamuun:20150411140401j:plain

調べてみると結構いろんな大学がこのライセンスを締結しているようで、国立大学理工系学部のある大学ではだいたい使えるようです。

しかし、国立大学でも情報系の学科を持たない東京外国語大学などは、そうした契約を結んでいないこともあるようです。

大学のホームページ行けば、詳しいインストール方法やライセンスについて記載されているようです。(学内からのアクセスに限定している場合もあります)

 

まとめ

f:id:miyamuun:20150410230620j:plain

大学生は文系理系問わず、Wordでレポートを書いたり、Powerpointでプレゼンをしたりなど、Officeは必需品となります。私が大学生のときは、生協とかで学割を使って購入していました。それでも数万円はしました。

在学中のみという期間限定ですが、現役大学生だけの特典ですので使わない手はないと思います。

わざわざ高価なOffice付きPCを選ぶ必要がないというのは大きいと思います。新たにPCの購入を検討している大学生は、自分の大学ホームページなどを確認してみてください。