読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生活で後悔してること

その他

f:id:miyamuun:20150326190505j:plain

(画像はイメージです)

 

いよいよ春ですね。私も先日卒業式を終えました。おそらくもう二度と大学生はやらないと思います。

振り返ってみれば、サークルもバイトもやってわりと普通の生活を送り、楽しい大学生活でした。

しかし、いまとなれば「もっとこうしとけばよかったな」といろいろ感じてしまうものです。

 

そこで、最近大学を卒業した私が、後悔していることを書いてみようと思います。いま大学生の人や4月から大学生になる人の参考になれば良いと思います。

 

 

1.バイトをしすぎてしまった

f:id:miyamuun:20150326195404j:plain

 

大学生のほとんどの人がアルバイトをしていると思います。私も例外ではなくバイトをしていました。

高校まで部活一筋だったため、自分で好きなことにお金を使えるのはとても嬉しかったです。

しかし、社会人になれば嫌という程働くことになり、そしてアルバイトよりも高いお給料をもらうことになります。

と考えると、貴重な大学生活を1時間1000円で売ったとなれば、月30万くらい働いた月はホントにもったいなかったなぁと思います。

とはいえ、お金がなければ大学生活を楽しむことはできませんので、社会経験という意味も含めて、ほどほどに働くのが良いと思います。

 

 

2.長期休暇でもっと海外に行けばよかった

f:id:miyamuun:20150326195751j:plain

 

大学生には2ヶ月ほどの長期休暇が年に2回あります。夏休みと春休みです。

自分は割と家でのんびりしているか、近場を遊び歩いてました。しかし、当然、社会人になればそんな休みは基本的にありません。

実際、海外の有名どころはいろいろ行きましたが、東南アジアや南米などのあまりメジャーでない国は、学生のうちにしか行けないと思います。結婚して子供が出来ればますます行きづらくなる国が増えてくると思います。

他にも留学やボランティアなども学生のうちにしか出来ない機会がいっぱいありますので、いろいろやれるうちにやっておけばよかったです。

 

3. 様々な言語の授業を受けておねばよかった

f:id:miyamuun:20150326195918j:plain

 

大学の授業には様々な言語の授業があり、英語以外の第二外国語を必須とする大学が大半を占めます。こうした授業はその言語を究めている、いわばエキスパートによる授業であり、この受講資格は学生のみの特権と言えます。
社会人になってから言語を学ぼうとすれば、高い月謝を支払い、仕事の合間を縫って学習する必要があります。
どうせ高い授業料を払っているならもっと様々な言語を習得すればよかったです。
 
 

まとめ

f:id:miyamuun:20150326200000j:plain

 

もちろん、部活やサークルに入るなどののことは言うまでもないと思います。実際に私もサークルに所属し、多くの経験をすることが出来ました。
とにかく、4年ほどの大学生が終わると社会人は十数年続くこととなるので、学生のうちにしかできないことをやっておくといいです。
新1年生は参考にしてみてください。